Return to site

現実を創り出す「当然感」の感覚

私たちは誰もが、自分自身の現実を創っているようです。

自らの意識で。

それは100%そうである・・はずなのに、こうなってほしい現実ではないものが創られている。

これはよく言われることだけれど、「欲しい」という感覚。

「こうなったら嬉しい」という感覚。

それは同時に、「そうなっていない」という意識を裏で創り出している。

「そうならなかったらどうしよう?」が裏にある。

では、現実を創り出す感覚は何かといえば、

「当然感」。

そうなっているのが「あたりまえ」な感覚。。とてもニュートラルな感覚。

「え?当然あるでしょう?」

「なんでそうなってないの?」

くらいな感覚です。

それが叶ったとしても、当たり前だから全く動じないくらいの感覚です。

それをいかに自分の中に創り出すか・・そこが肝のようなのです。

コーチングやNLPや・・そういったメソッドは、望む現実を自分の中に既成事実として構築するアプローチが含まれています。

豊かさも、美しさも、愛も。

それが自分にとって、「あって当然」の感覚を構築すること。

 

今現在、自分に足りなさや望まないものがあるとするならば・・

 

それがたとえ不快なものであったとしても、

 

それに対して、「あって当然」の感覚をどうやって創り出しちゃっているのか?

 

今自分がやれていることを見つめてみると、その感覚を自分がどう作っているのか?

 

どう応用できるのかが見えてくるかもしれません

 

私自身もまだその途上です(笑)

 

はなかっぱがなかなか、自由に「ワカラン」を咲かせられないように・・

 

へたくそな魔法使いみたいに・・

 

いろいろやっちゃうんだよなぁ・・(涙)

Written by Kayoko Tamari, 11.2.2018

Coaching; https://www.ikiruchikara-coaching.com/

Hypnotherapy; https://www.ikiruchikara-hypno.com/

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly