Return to site

インナーライフ〜内なる生命

あなたの内側に「誰」がいますか?

· インナーライフ

コーチングを学んだり受けたりする中で、どんどんその人の輝きが増してくるということがよくある。

それは一つには、自分のマインドと行動が一致してきて、人目を気にすることや、外側をコントロールしようとするために使っていた莫大なエネルギーを取り戻せるからだと思っています。

つまり、無駄なエネルギーが減り、同時に自分の内側から自然に湧き出てくるエネルギーに意識が向いて拡大してきます。

自分に振り返ると本当に・・殆ど病気もしなくなり(風邪ってどうやって引くんだっけ?って感じ・・)疲れにくく、多少の浮き沈みはあれど、全体的な幸福感が近年ものすごく増しました。なんとなく実年齢から離れて、若返りが起きてきている感覚すらあります。

そして、最近本当に。。実感を伴って思うのは、外側に現れてるものはどれも、時間差を経て外側に現れてきたものでしかない、ということ。

「霊主体従」という言葉を、以前スピリチュアリズムを学ぶ中で知りましたが、まさにエネルギー的なものである「霊」が主で、「体」、つまり物質的なものはただそれに従ってくるだけ。それがこの世の法則。

目に見えないものから始まり、見えるもので結実する。

沢山の人たちと接し対話してくる中で気付いたのは、30代以降は特に、生まれついた容姿や境遇ではなくて、「内側にいる人」がそのまま外側に出てくるっていうこと。

ここは、歳を経るほどに嘘がつけなくなってくる。

だから、内側にお金持ちがいれば現実にお金持ちになり、美人の内側には美人がいる、愛される人の内側には愛され満たされている人がいる。

頭で否定していても、内側にそういう人がいれば、自然とそういう人になっていく。

そして、その内側の人が、外側の現実を生きながら、本当はどんな体験をしているか。

つまりは内的体験ということになると思いますが、その内的体験の質や深さ。それが内側にいる人を育てます。

私はそれを「インナーライフ」と呼んでみたいと思います。

インナーライフが誰で、その人がどれくらい充実しているか。つまり、外側の現実や体験のなかに、どれだけインナーライフの価値観に沿った喜びをみつけ、感動したり深く味わえているか。

例えば、美人のインナーライフなら、世の中にある美しさ一つ一つに感動したり、内側の美意識に沿った行動をすることに深く喜びを感じるでしょうし、豊かなインナーライフなら、与えられた現象のなかに豊かさを見出し、それに感覚として満たされ喜ぶでしょう。

こういう内側の感覚としての体験の積み重ねが、インナーライフを育てていく。

ひいては、現実としてそれが目に見える形で現れてくる。

この辺のことは、もう少し丁寧に言語化していきたいところですが・・

さて、あなたの中に「誰」がいますか?

そして、その人を育てていますか?

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly